2010年10月02日

捕らわれの王子

病院からサバオを連れて帰って、そのままケージに入れた。

大暴れするか?と思いきや、サバオは「懇願する策」に出た。

意外にかちこい、というか、世渡り上手(笑)




かえでは友情出演♪(ウソ)

かえでがわたしについてサバオの部屋に入りたがるし、会わせないとお互い忘れるかと思い、部屋に入れてみた。

かえでは普段入れないサバオの部屋夫の部屋に入れてルンルンるんるん
夫は、わたしが「サバオの部屋」というたびに、「オレの部屋(−−;;」と訂正する(笑)

動画の中で、ケージの外の段ボールが激しく千切られてるのは、サバオがケージから出たくて、ケージ越しにガジガジしてるのでは、ありません

寝床代わりに入れてあげた段ボールで、ひとりのときのストレス発散で噛みちぎったの。
ケージの中の段ボールもすでにガジガジたらーっ(汗)

サバオはケージに入れられた捕らわれの身だけど、1日中ケージの中ではないよー(長音記号1)
懇願されるので、出してあげてマス♪
1対1だと、すごく甘えん坊だったりする目



抱っこもし放題だし、抱っこしたらゴロゴロのどを鳴らすようにもなったよ(驚)

1010012.jpg

1010011.jpg

ほんとは、完璧にわたしになつくまで隔離生活をしたかったけど、サバオはわたしの足音がしたり、話し声がすると、ずっと鳴き続けるので、「捕らわれの身」生活は、実は5日間で終了した。
日曜に病院に行ってそのあと〜木曜日まで。
ちなみに、夫の足音のときには鳴かなかった(爆)

頻尿はもうおさまったし、隔離生活は終了。
次回はそのときの様子と、サバオのその後について書こうかなぁ・・・


下お庭で、のびのび遊ぶ自由なおんにゃ

1010013.jpg

もちろんわたしの監視護衛つき。

サバオとも子猫時代に出会いたかったなぁ・・・と思わずにはいられない。

ニックネーム ゆきりん at 01:02| Comment(10) | TrackBack(0) | サバオ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする