2010年10月04日

隔離、その後

サバオを5日間隔離した目的は・・・

・頻尿のためトイレの近くで生活させるため。
それまではいろんなところでおちっこポーズをしてた(−−;;
(出てなかったけどね)

・尿路疾患用の処方食を確実に食べさせるため。

・そして、人間嫌いを治させるため!!


頻尿は、抗生剤の注射が効いたらしく、2日間ほどでおさまった。

処方食は、それしかないと食べざるをえないので、食べてた。

人馴れは・・・それほど期待してなかったのに、した!!(驚)

抱っこもすんなりさせてくれたし、ゴロゴロのども鳴らしてくれた。

ケージから出して、隔離部屋の中を自由にさせても逃げまわることもなかったし、部屋から出ようとドアをガリガリすることもなかった。
そして、わたしが部屋から出るときに、またケージに入れようとしても、抵抗もなく、あっさりしたものだった。
ただ、しばらくはニャーニャー鳴いてたけどね。

わたしが部屋の前を通ったり、わたしの話し声が聞こえたりすると、ニャーニャー呼ぶようにもなって、ほんとにかわいかった揺れるハート

でも、それほどべったりとサバオの部屋に入り浸ることもできず、ニャーニャー鳴くサバオが不憫にもなってきた・・・
そして、ケージ越しにかえでに会わせると・・・
かえでが、「シャーっexclamation×2

顔(チラッ)「ヤバい。かえでがサバオのことを忘れ始めてる・・・」

猫ってすぐに忘れちゃうのよねぇ・・・顔(汗)

で、サバオの隔離生活は終了となった。
ほんとはもっとわたしのことを好きになるまで、隔離したかったんだけどねぇー(長音記号1)(笑)


部屋のドアを開けると、サバオはなんのためらいもなく、小走りで出て行った。(家の中のことは忘れてないのね)

そして、一目散にベッドの下にもぐりこんだ。(なんで?)

1010044.jpg

1010045.jpg

かえで、もみじ、さち、ペコ・・・4にゃんが「シャー!!」と威嚇。
くろすけだけ、まだまだ幼くて、威嚇とか警戒とかよくわかってない感じだった(笑)

サバオはみんにゃに威嚇され、オドオドしながら、今度は押入れの奥に隠れた。

顔(チラッ)「猫関係は修復するのかな・・・たらーっ(汗)」と不安になった。

でも、そんな心配はなく、あっさりと元通りになってたよわーい(嬉しい顔)

1010046.jpg
ビミョーな距離感だけど・・・


わたしとサバオの関係も・・・あっさりと元通りだったよあせあせ(飛び散る汗)顔(え〜ん)

サバオは、もう撫でさせてもくれないし、抱っこしようと思っても逃げまくりダッシュ(走り出すさま)

あの抱っこ&ゴロゴロはなんだったのか(−−;;
夢かまぼろしか?

顔(チラッ)コイツ、媚びてやがったなexclamation×2

とムッとしたむかっ(怒り)

部屋から出してもらう作戦だったのか、それとも、「ここではこのヒトと仲良くするしかない」との処世術だったのか??

サバオのゴロゴロに感動したわたしは、単純すぎたみたい(苦笑)

1010041.jpg
猫(泣)「なんのこと??」


でも、ちょっとだけ変化はあったよ。

病院に連れて行こうとしたとき、追い掛け回してもなかなか捕まらないほど必死で逃げてたサバオだけど、今は、案外すんなり抱っこはできるの♪

逃げようとするけど、抱っこはできる。
でも、もうゴロゴロのどは鳴らさない(泣)

1対1で、狭い部屋だったら甘えん坊だったのに、解放した途端、そっけない。

うーん(−−;;

サバオは、ワンルームで暮らしてる人と1対1で過ごす生活のほうがいいのかもしれない・・・と思ったのでアリマシタ。

でも、里子に出すつもりはないけどね。

いくらそっけなくても、やっぱり2年以上も一緒にいて、

かわいいんだもん揺れるハート


neko002.gif

連日、バイトバイトバイト・・・のわたし。

土曜日に、夫がタイカレーを作ってくれましたわーい(嬉しい顔)

市販のカレーペーストのセットで、簡単にできるやつだけどね〜

1010042.jpg
うまうまるんるん


翌日も残ったものをお昼に食べることに・・・

でも、今回はごはんではなく、猫を食べることになりました(爆)

1010043.jpg


顔(チラッ)「まぁ!まるまるしておいしそうだこと!!」

とか、冗談をいいながらおちりにかぶりついてみたけど、どいてくれなかったバッド(下向き矢印)


ランチョンマットに乗るのは、やめてくらさい・・・

座布団ではアリマセンたらーっ(汗)

ニックネーム ゆきりん at 23:32| Comment(8) | TrackBack(0) | サバオ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする