2011年04月16日

原発の被害者

ここ数日、原発の避難区域に残された犬猫たちのレスキューの様子を見て、あばらが浮き出て激やせで保護される犬、もうすでに餓死してしまってる犬を見ては、涙が止まりませんでした。

飼い主を待ち続けて息絶えてしまったコ・・・
なにを思いながら、じっと耐えていたのか。

なんでいつも声をかけてくれたり、ごはんをくれる大好きな人はいないのか・・・
いつになったら帰ってきてくれるのだろう・・・?


なにもわからないまま、耐え続ける日々・・・
そのコの気持ちを思うと、涙が止まらない。


そして今日は、室内に取り残された猫たちの現実を見て、言葉を失いました・・・

『犬猫救済の輪』動物愛護活動ドキュメンタリー

ここには、あまりにもひどすぎる現実が載っています。

誰もいない室内に閉じ込められ、ごはんも水もなく、餓死、共食い・・・

人間はなんてひどいんだろう・・・
避難する人たちに犬や猫を連れての避難場所を用意もせずに、「2,3日の避難」と説明し、そのまま帰宅を許可しない・・・
残された犬猫、牛、馬・・・命をなんだと思ってるのか。

「ごめん」、「仕方ない」では済まされない。


下以下を読んで、

「東北関東大震災、立ち入り禁止区域に取り残されているペット至急救出のお願い」

をメール送信してください。
これ以上、被害がでないために。


---------------------------------------------------------------

緊急のお願い・転載歓迎

取り残されているペットを助けよう!
首相官邸にメールで呼びかけています。ご協力ください。

近いうちに20キロ圏外にも避難指示が出そうです。
立ち入り禁止区域に犬猫を残して避難している住民の皆様の心痛は極限に達しています。
取り残されている犬猫達を救うため、当会では首相官邸に次のようなメールをさせていただきました。
人間のことも先の見えない状況で、動物のことをお願いすることにお叱りを受けることも覚悟しております。
家族同然に暮らしてきた命ある動物たちの救済にご理解をいただけましたら、首相官邸までメールで『立ち入り禁止区域のペット救助のお願い』をしていただけませんか。
(注意:非常時につき電話やファックスは迷惑になりますのでお控え下さい。以下のメールフォームからお願いします)
以下は当会が送信したメールです。
内容に賛同頂けましたら、全文、部分をコピーしてお使いいただいてもかまいません。


首相官邸ご意見募集
https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken_ssl.html

(当会送信のメールです)

東北関東大震災、立ち入り禁止区域に取り残されているペット至急救出のお願い

何よりも家族同然に暮らしてきたペットを置いて避難せざるを得なかった住民の苦悩に配慮していただくようお願いいたします。
飼い主さんの心痛は極限に達しています。海外からも心配の声が高まっています。

1)立ち入り禁止区域から救助された犬猫等のペットの一時預かり場所を用意して下さい。
保健所、愛護センター等は収容能力を超えています。
国内外の愛護団体やグループが救出を試みています。
こうした団体が救助したペットを即保護できる預かり場所を早急に用意して下さい。


2)飼い主への情報提供をお願いします。
 自分では救助に行けない飼い主や、ネット環境にない等情報を得にくい飼い主のために、救助を依頼できる愛護団体の周知をお願いします。
 避難所に団体リスト、連絡先を貼り出す等の措置をとって下さい。
 この区域で活動している団体については以下参照ください。
 
http://ameblo.jp/japandisasteranimals/theme-10035507087.html

3)飼い主自身が救出に行くための便宜を図って下さい
  屋内や敷地内のペット捜索は飼い主でなければ困難です。また、他人に怯え、飼い主でなければ捕まえることができないペットもいます。飼い主自身がを救出しに行けるよう短時間の帰宅や捜索を認め、便宜を図って下さい。 

転載おわり。
---------------------------------------------------------------



『犬猫救済の輪』動物愛護活動ドキュメンタリー
に出ていた共食い?の写真は、現実のものだけれど、

わたしは、猫同士が殺しあって食べたのではないと思う。

最初に弱ってしまったコがなくなって、残されたコは、飢えで仕方なく食べたのだと思う。

犬も猫も殺しあったりしないと思う。

昔あった飛行機事故(「ウルグアイ空軍機571便遭難事故」)を題材にした「生きてこそ」という映画を観たことがある。

そこでも、極限状態の人間は生きるために、仲間の人肉を食べた。


今回の写真で、「猫は共食いする」とは、思わないで欲しいです。

生きるために、死んだ仲間を食べるしかなかったことをわかって欲しい。

残念ながら、みんな息絶えてたみたいだけど。

悪いのは人間だということを、絶対に忘れないでください。



ニックネーム ゆきりん at 01:21| Comment(12) | TrackBack(0) | ゆきりん日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする