2013年07月30日

すばしっこい!

ベランダに洗濯物を干しに行くと、この暑い時期でも3〜4にゃんが一緒についてくるー(長音記号1)

ついて来たかえでとひかるがなにやらコソコソしてるので、
「なにしてるんーー?」と声をかけ見ようとしたら・・・

ひかるが猛ダッシュダッシュ(走り出すさま)

なにかを咥えて、家の中に!

がく〜(落胆した顔)がく〜(落胆した顔)がく〜(落胆した顔)


ひかるを追いかけたものの、おデブのすばしっこいことときたら(−−;;

わたしとかえでに獲物を取られないよう、逃げまわってなかなか捕まらない顔(汗)

追いかけまわして、やっと口からポロッと落としたところを、取り上げた。

獲物は、死んだカナブンだったバッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)

ひかるが仕留めたわけではなく、もともと死んでた感じ。

顔(チラッ)「そんなもん、家に持って入るなよ!むかっ(怒り)

と、厳重注意パンチ

1307292.jpg

見て、このやんちゃそうなナマイキな顔exclamation×2(笑)


下こちらは、若僧に譲る気ゼロの9歳のおばちゃん。

1307291.jpg

でも、意外にも、ひかるはかえでを追い出してまでは入りたがらない〜
あいてるときに入って遊ぶだけー(長音記号1)

獲物ゲットのときの野性味あふれる姿と全然違う(笑)


neko002.gif

映画「犬と猫と人間と2〜動物たちの大震災〜」を観てきた。

いろいろ思うことは人それぞれだと思うけど・・・

わたしは、

「なにがあっても、うちのコたちとは離れない!」と強く思った。

東日本大震災では、多くの人が行政の言うことを聞いて、
「すぐ戻れるから・・・」と、愛犬愛猫を家に置いてきた。
でも実際は全然戻れなくて、離れ離れになった人が大勢。


一度離れてしまうと、次に再会できるかどうかも難しいと思う。
でも、うちの場合、地震で恐い思いをしてパニックになった1わん7にゃんをケージやキャリーに入れることができるかどうかがギモン・・・Σ( ̄ロ ̄lll)

特に、キャリーに入れるのに苦労するのは、さち、ペコ、サバオ。
普段でも苦労するのに、できる気がしないバッド(下向き矢印)

とりあえず、わんにゃんフードの買い置きだけは、いっぱいしてあるー(長音記号1)


neko002.gif

1307293.jpg

もみじったら、なんちゅう寝方顔(汗)
女王は無防備(笑)





ニックネーム ゆきりん at 01:35| Comment(10) | TrackBack(0) | みんなの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする