2008年07月05日

ケガした野良にゃん

今日の記事(出来事)は、痛々しい写真が多いです・・・痛々しい写真を見たくない人は、どうぞこのブログを閉じてくださいm(__)m
そして、かなりの長文です・・・汗



今朝はいつものように、夫の見送りを兼ねて、犬(笑)あいちゃんの散歩に行った。

夫が車で会社に出かけて、そのあとも引き続き散歩した。

で、あいちゃんがうんちをし始めたときに、夫から電話携帯電話が・・・

顔(チラッ)『チッ、あいちゃんのうんちを拾わなあかんのに、何の用やねんっ(−−#』

と思った。(着信音で夫だとすぐわかる)

だって、さっきまで一緒にいたのに・・・


夫は、かなり焦っていたあせあせ(飛び散る汗)

内容は、

『猫が道の真ん中に倒れてる。事故にあったみたい。まだ生きてるねん!!
触ろうとしたら、フッーって怒るから、触れそうにない・・・動かれへんみたいや・・・
このままでは、また車に轢かれてしまう・・・
病院に連れて行きたいから、ケージと包むタオルを持ってきてくれないか?』



というものでしたがく〜(落胆した顔)


大急ぎであいちゃんのフンを拾って(←このくだりはいらない?顔(ペロッ))、ケージと包むためのボロ布を持って、車で駆けつけたダッシュ(走り出すさま)

0807041.jpg

今日はバイトの日で、もうそろそろ家を出ないとならなかったけど、病院にはわたしが連れていくことにした。
病院に今から行く旨を連絡し、バイト先にも30分遅刻すると連絡した。



0807042.jpg
病院にて


病院は混んでいたけど、先生はわたしの到着を待っていてくれた。

わたしは、

『とにかく助けてください』
『治ったら、避妊か去勢をして、リリースするかも』
『今から仕事なので、預かってください』


とまくし立てた(汗)

わたしは焦っていたけど、先生はやっぱり冷静だった(^^;;

急いでいたけど、ちょこっとだけ診察に立ち会った。

0807043.jpg

0807044.jpg


このコは、痛みに顔をゆがめ、ハァハァと荒い息をして、それでもフッーと威嚇しようとする・・・顔(泣)
痛いよね、恐いよね・・・(T_T)


動画も撮りました。



『レントゲンを撮らないとわからないけど、しっぽがだらんと動かないので、もしも、骨盤や背骨が折れてたりしたら、半身不随の可能性もある・・・』

と言われました顔(泣)

それでも、『後のことは治ってから考えるから、とりあえず治してくださいっ』と言い残して、わたしはバイトに行ったダッシュ(走り出すさま)

バイト中も、『半身不随だったらどうしようがく〜(落胆した顔)』と不安になったけど、でも、『まぁ、なんとかなるやろ』とテキトーな考えで、普通に仕事した。
いつも行き当たりばったりなの、わたし・・・たらーっ(汗)



でも、今回のことは、行き当たりばったりだけで保護したのではなくて、わたしの信念に基づいてやったことなの。
『出会ったコは助けたい・・・』

結婚した当初、わたしたちは社宅に住んでて、猫とは暮らせない生活でした。
そのときに、交通事故にあったと思われる野良にゃんに会ったの・・・
どうしていいかわからなくて、そのまま帰った・・・

涙が止まらなかった。
顔中が血だらけのあのコの顔が忘れられなかった・・・顔(泣)

わたしがあまりにも泣くので、夜中だったけど夫が『今からあそこに戻ろうか?』と言ってくれた。
でもわたしは、社宅で猫が飼えないのと、治療費を夫に頼らないとならなかったので、『ううん、いい・・・』と断った。
当時、わたしは専業主婦だったし、夫は猫と暮らしたことがなくて、猫好きではなかった・・・

そのとき心に誓った。
『もう見捨てたりなんかしない。一戸建てを買って、そして治療費が払えるくらいは働こう!!』と。


それから数年後、30年ろぉ〜んで一戸建てを購入し、念願の犬を飼い、そしてさちと出会い・・・トントン拍子?に猫と出会ったハートたち(複数ハート)
そして、夫は猫好きになった顔(イヒヒ)


交通事故に遭った野良にゃんを病院に連れて行った、と書くと、みなさんは猫好きだから、『よくやった!えらい!!』と言ってくれるかもしれないけど、でも上にも書いたように、これはわたしの信念を貫いただけだから、たいしてえらくもないです。
ただの自己満足かもしれません(ノ_・、)
見捨てて行ったら、その後どうなったかが気になるから、放って行く勇気がないだけかも・・・


neko002.gif

夕方、病院に会いに行きました。

0807045.jpg
酸素室にて

男のコ、体重3.3kg。


レントゲンの結果、しっぽの付け根を骨折してるのと、背骨の一箇所が折れてるかも?とのこと。
背骨はポッキリ折れてるわけではないので、よくわからない。
骨盤は大丈夫。ホッ
とりあえず、半身不随は免れたかな・・・


今はショックがかなり大きいので、しばらくは点滴で様子を見たほうがいいそうです。
麻酔をするのもかなり危険・・・
血液検査では、白血球の異常な上昇と、肝臓機能の数値が異常だった。
数日後に検査して、数値が落ち着いていればいいけれど・・・
全身を強く打ってる可能性があるので、48時間は油断できない、とのこと顔(泣)
4〜5泊は入院が必要だそうです。


このコは、事故に遭って、すぐにわたしたちに保護してもらえたので、運があるはず・・・
きっと助かる・・・

野良にゃんで、おとなだし、猫の病気にかかってるかもしれないし、うちのコにできるとは思えないけど(やっぱりうちのにゃんずの方が大事顔(泣))、でも、治るまでは様子をみたいと思います。
リリースするか、里親募集するか、まだわかりません・・・


長い記事を読んでくれて、ありがとうm(__)m


らんきんぐー

ポチしてね.jpg ぽちっとしてね.jpg


かわいいかわいい治療費が大変なのでは??と思って下さる方へ・・・かわいいかわいい

楽天でお買い物するときは、このブログから買い物してくらさいっわーい(嬉しい顔)
わたしに購入代金の1%が入ります顔(イヒヒ)
よろしくねっ

楽天で探す
楽天市場

ニックネーム ゆきりん at 00:32| Comment(14) | TrackBack(0) | サバオ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
生きろ!
このパパが言うんだから大丈夫!
こう見えてもジュルちゃんとこのチャイちゃんを
SOSしたのはこのパパなんだぞ〜!
だから 頑張れ! 助かれ! 生きろ!
泣き虫パパが応援してるぞ〜!
Posted by ウサギのちゃぴこのパパ at 2008年07月05日 01:19
ゆきりん、保護してくれてありがとう。
心配だね。
私もてんまを保護して、病院で入院治療中は心配で心配で・・・

うちも2匹でいっぱいいっぱいだけど、
それでも、てんまを保護して、
入院治療費に何万円もかかって、
でも結果は残念な結果で、
毎日泣いて・・・
でも、又いつ保護しても良いように、折りたたみ式のケージを買って車に積んでいる。
それは、猫のためというより、私自信が後悔したくないためかもしれないね。

「猫や」をやってるとね、
自然とお客様が、猫との出会いを話してくれるの。
そして話しの最後はどの方も、
「同じ命だもの、ほうってはおけないわよ」

猫ちゃん、どうか頑張って!
Posted by こけもも at 2008年07月05日 02:16
野良猫さん、痛いし、つらいね。
でもゆきりんさんに助けてもらったんだから、
がんばって生きて〜顔(え〜ん)
見捨てられちゃう猫も他にはたくさんいるんだから、君はがんばって(ToT)ゞ

どんな信念だろうとそれを貫くことは誰にでもできることじゃないと思います顔(泣)
Posted by okasan at 2008年07月05日 02:18
どうか、元気になって欲しい。
私も2年前、国道の真ん中で動けなくなっていた日本猿に出会ったの。
ハザードランプを付けて止まって、抱っこして道路の端に寄せようと思って手を回したら、お尻の方が血だらけだった。
ひとりでは重くて持てなくてどうしようと思ったら、近くで工事してたおじさんが来てくれて道路の端に寄せてくれたの。
「もうダメだと思うよ。」って言いながら…。
車が20台くらいつながっちゃったから、慌てて車を発車させたんだけど、車の中でも「病院に連れて行けば良かったのかな…。」「引き返そうかな…。」ってず〜っと考えてた。
その時の日本猿の目を思い出すと、あの子の気持ちになればなんでも出来るって思えるの。
私の力になってくれています。
きっとこのニャンコとの出会いも何かを残してくれるはず。
頑張って生きて!!
Posted by なお at 2008年07月05日 06:08
ゆきりんさん、ありがとう。
野良にゃん、頑張れ。


Posted by ねこらぶ at 2008年07月05日 12:21
今、ビーちゃんがヒザで暴れてるよ。

この子も死んでると思うくらいダラリと横たわってた。

ゆきりんの「もう見捨てたりしない!」て
一緒だよ。よく分かるよ。

前にブログにも書いたけど
私たち夫婦も、車線の多い道路で子猫が『今轢かれた!』って瞬間を見たんだけどあまりの車の量にその場に止まることが出来ずに・・・。
二人で帰りながら泣いたよ。
それ以来、『後悔するなら保護する!』って決めたもん。
お金なら後からナントカなるけど、命は取り返しが付かないもん。
だからゆきりんは正しいんだよ。
みんなが同じ事を出来るわけじゃないし出来ない事情もあるけど・・。
オスにゃんこ、きっと痛くてぶつかったショックで緊張してるんだよね。
無事に治るといいね・・・。

電話してきた夫さん、優しいね。
猫好きな夫さんで本当によかったね。
Posted by あやぽん at 2008年07月05日 13:45
縁ってあると思います。
先のことはわからないけれど、ゆきりんさんたちが信念でしたこと。
きっといい結果がついてくると思いますよ。

昔のくやしかった思いを、きちんと教訓にして自分の芯にしているゆきりんさん、
すごく、かっこいいと思う。

野良にゃん、がんばれっ!!
Posted by がるまあ at 2008年07月05日 14:31
野良ちゃん、がんばれ!!
つらいね・・・。
苦しいね・・・。
生きるんだよ!
そして、また自由な世界を自由に生きるんだよ!
ゆきりんさんも、つらいね。
元気な子を見るのは、笑顔がいっぱいになるけど、がんばっている子を見るのは胸がいっぱいになっちゃうね。
人間は、怖いって思っているだろうこの野良ちゃんに優しい人間もいることをわかってもらえたらいいね。
ゆきりんさんご夫婦の優しさ、勇気がうらやましいです。
気持ちだけだけど、岩手から応援しているよ。
Posted by satominn at 2008年07月05日 19:55
今までこのこはどんな猫生だっったのかと思うと、それだけで泣けてくる・・・。
好きで野良ちゃんなんてやってる仔は一人もいないよね。。
私もゆきりんと同じ思いで保護してるよ。
そのこが、幸せになるのがもちろん嬉しいんだけど、でも私が後で後悔したくないから・・・。
反対に、私が保護をした仔は、絶対に幸せになってもらわないと、保護しなかったと同じくらいに私が後悔することになるから里親さん選びはすごく慎重。
自己満足でも良いよね。
みんなが幸せになれば・・・。
このこは、ゆきりんご夫妻に保護されて幸せだったね。
大変だと思うけど、でも願いはきっと通じるはず!!
ここに来てるみんなが祈ってるよ!
野良ちゃん、頑張れ!!



Posted by みい at 2008年07月05日 20:40
ゆきりん、コメントが遅くなりました。
昼間この記事を見て涙ぼろぼろ流れてコメントが書けませんでした。
そして、今また皆さんのコメントを読んでまた・・・
あやぽんさんのところでもひとしきり泣いてきました。
ゆきりんや皆さんの信念とやさしさに感動するのです。

野良ちゃん、痛々しい・・・
どうか助かってほしい。
Posted by Poko at 2008年07月05日 22:46
ゆきりんさん〜〜!!

子猫にゃん達のことがやっと落ち着いたと
思ったとたんに・・・。
あやぽんさんもそうだったけど、
やっぱりお2人とも優しすぎて、
それ故にこういう子が目の前に
現れるのかもしれない、と思います。

写真は直視出来ませんでした・・・(涙

48時間の間、油断出来ないだなんて
本当に大変な状態なのですね。

野良にゃん、キミはゆきりんさんに
保護されたんだから、絶対助かって
元気になる義務があるよ〜(ToT)

どうか頑張って。。。祈っています。








Posted by KEI at 2008年07月05日 23:57
怪我した野良にゃんもゆきりんさんに助けて貰ったことに感謝して、今必死で生きようと頑張っているのでしょうね。
きっと気持ちは通じているわよ。
Posted by きょっぴい at 2008年07月06日 09:26
かわいいかわいいコメントくださったみなさまへかわいいかわいい

まとめてレスさせてくださいm(__)m

みなさんのコメント、すごくうれしかったです。
気持ちをわかると言ってくれたり、野良にゃんの回復を願ってくれたり・・・ほんとにありがとう顔(泣)

今の世の中、車が多くて、猫にとっては危険がいっぱいで、よく交通事故で亡くなってるコを見かけます(T_T)
今回は、幸運にも一命をとりとめたコだったので、なんとか助けてあげたい、と思いました。
今後リリースするのかどうか思案中で、不安なこともあるけど、助けたことを後悔はしてません。
『なるようになる』と思います。
ただ請求書はちょっと恐いけどね(爆)
これも、『なるようになる』でしょう(^^)

今後もこの野良にゃんを見守ってくださいねm(__)m
Posted by ゆきりん at 2008年07月06日 22:24
あなたの記事をありがとう、私はいつもに焦点を当てて
Posted by links of london at 2010年11月27日 15:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: 絵文字[必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/1429798
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック