2010年10月02日

捕らわれの王子

病院からサバオを連れて帰って、そのままケージに入れた。

大暴れするか?と思いきや、サバオは「懇願する策」に出た。

意外にかちこい、というか、世渡り上手(笑)




かえでは友情出演♪(ウソ)

かえでがわたしについてサバオの部屋に入りたがるし、会わせないとお互い忘れるかと思い、部屋に入れてみた。

かえでは普段入れないサバオの部屋夫の部屋に入れてルンルンるんるん
夫は、わたしが「サバオの部屋」というたびに、「オレの部屋(−−;;」と訂正する(笑)

動画の中で、ケージの外の段ボールが激しく千切られてるのは、サバオがケージから出たくて、ケージ越しにガジガジしてるのでは、ありません

寝床代わりに入れてあげた段ボールで、ひとりのときのストレス発散で噛みちぎったの。
ケージの中の段ボールもすでにガジガジたらーっ(汗)

サバオはケージに入れられた捕らわれの身だけど、1日中ケージの中ではないよー(長音記号1)
懇願されるので、出してあげてマス♪
1対1だと、すごく甘えん坊だったりする目



抱っこもし放題だし、抱っこしたらゴロゴロのどを鳴らすようにもなったよ(驚)

1010012.jpg

1010011.jpg

ほんとは、完璧にわたしになつくまで隔離生活をしたかったけど、サバオはわたしの足音がしたり、話し声がすると、ずっと鳴き続けるので、「捕らわれの身」生活は、実は5日間で終了した。
日曜に病院に行ってそのあと〜木曜日まで。
ちなみに、夫の足音のときには鳴かなかった(爆)

頻尿はもうおさまったし、隔離生活は終了。
次回はそのときの様子と、サバオのその後について書こうかなぁ・・・


下お庭で、のびのび遊ぶ自由なおんにゃ

1010013.jpg

もちろんわたしの監視護衛つき。

サバオとも子猫時代に出会いたかったなぁ・・・と思わずにはいられない。

ニックネーム ゆきりん at 01:02| Comment(10) | TrackBack(0) | サバオ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うんうん、子猫時代って知りたいですよね〜〜ひらめき
それにしてもサバオくんの声、かわいい〜〜ハートたち(複数ハート)
しっぽも短くてかわいい〜〜〜ハートたち(複数ハート)


でも普段自由に生活させてるコを5日間でもケージ生活させたのはスゴイですよ〜。
うちのコなんかよっぽど具合が悪くないと耐えられなそうですたらーっ(汗)
段ボール噛み噛みなのはよ〜〜〜くわかります。しょっちゅうされてますダッシュ(走り出すさま)

サバオくん、やっぱりかわいいわぁ〜〜揺れるハート
Posted by きぃた at 2010年10月02日 21:29
おぉ、サバオ、すっかりゆきりんに心許しているやん!
これを機に逃げるのやめてほしいね。
サバオ、鳴き声も可愛いね。
顔も王子様みたいだし(褒めすぎ?)
サバオのその後、知りたい知りたい!

サバオ、どんな子猫時代だったんだろうね。
スレてないから(笑)ある程度は飼われていた?
オーちゃんは絶対飼われていたと思う。
だって、優しいし全然スレてないもん(爆)
Posted by Poko at 2010年10月02日 21:40
サバオくん、抱っこされてる!Clap
こんな風に抱っこも出来るようになったんだね〜
すごい進歩だよね〜
可愛い声で甘えたり、抱っこされてゴロゴロのどを鳴らされたら、
愛おしくてたまらないでしょう?
今まで大変だったから…
本当に子猫時代はどんな生活を送っていたんでしょうね。
いつもPokoさんが言ってるようにスレてないから、飼われていたのかな…
Posted by Hummingママ at 2010年10月02日 22:20
ゆきりんさん!!
凄い凄い〜Clap
サバオ君、抱っこさせてくれてゴロゴロまでするなんて、流石ゆきりんさんだわ〜(笑)
動画のサバオ君、めちゃ可愛いっす!
あんな可愛い声で甘えられたらメロメロですよん。
かえでちゃんが、「あんたここで何しとんねん?」みたいな感じで笑えました。
前回のシンガポールの医療費の話は、私の説明不足。。。。初日に入院一日分と退院してから5回ほど通院してトータル金額が6万越しちゃった感じです。。。どっちにせよ痛い出費だね〜〜〜顔(なに〜)
サバオ君、このまま良くなりそうで良かった!
ますます、サバオ君のファンになっちゃいましたん揺れるハート
Posted by meguta at 2010年10月04日 10:51
ゆきりんさん、こんにちは。

サバオ君、またまた大変だったのですね猫(泣)
膀胱炎はうちの紅一点、福ちゃんも冬になると毎年のように発症しますたらーっ(汗)きちんとした処方食をずっと食べさせたいけど、経済的に無理だったり、食べてくれなかったりで、結局ホームセンターで買ったものを食べさせてしまうのです。なんとも悩ましい現実です。
サバオ君はその後、元気な様で良かったですね。甘えた声が可愛いですね〜揺れるハート
その声にうちのにゃんずが反応してました。

ちなみに今日、お陰さまでクロのしっぽの抜糸に行ってきました。あと3,4日はカラーをつけていて下さいとのこと。もう少しで自由にさせてあげられそうです。それはそれで心配ですが・・・
サバオ君は断尾後、傷口を舐めたりしませんでしたか?
Posted by さくたま at 2010年10月04日 16:32
〜きぃたさん〜
サバオを5日間もケージに入れたのは、すごいっしょ?
でも、サバオは暴れないし、ある程度は鳴いても、少し経つとグゥグゥ寝てたみたいで、やっぱりおとなしい性格やったわー
それに、一日に何回も出してあげてたしね。
でも、これがかえでならさぞかしうるさかったと思う(−−;;
1対1で狭い部屋だと逃げないし、甘えてくることがわかったわ・・・
Posted by ゆきりん at 2010年10月04日 21:11
〜Pokoさん〜
オーちゃんは、保護したときに、「今まで飼われてたんやろなー」って思ったよ。
でもサバオは、「今までヒトに撫でられたことないみたい」って思ったし、ずっと野良生活だったと思う。
サバオはスレてなかったけど、今はうちで暮らして、スレちまったみたいだよ(−−;;
Posted by ゆきりん at 2010年10月04日 21:13
〜Hummingママさん〜
隔離部屋に入れて、1対1だと、サバオはそれほど逃げなかったし、抱っこもすんなりさせてくれて、ゴロゴロまで言ってくれて、ほんとびっくり!
ゴロゴロのどを鳴らしてくれたときは、ほんとにうれしかった!!

子猫時代はどんなだったのか・・・ほんと知りたいけど、絶対ムリな話だよね(泣)
さぞかしかわいい子猫ちゃんだったろうになぁー
Posted by ゆきりん at 2010年10月04日 21:17
〜megutaさん〜
サバオを抱っこできたときはほんとうれしかったし、そんでゴロゴロを聞いたときにはジィーンと感動したよぉー
すりすり甘えても来てくれたしさ〜
「このままずっと他のコと隔離しようか・・・」なーんて考えたり。
でも、サバオが出たがってるのはわかってたし、なかなか会いにいけないとかわいそうだから、やっぱり開放しちゃった。
シンガポールの病院代、どっちにしろ6万は高いし、日本と変わんないね〜あせあせ(飛び散る汗)
Posted by ゆきりん at 2010年10月04日 21:23
〜さくたまさん〜
サバオも膀胱炎2回目です・・・
処方食よりも他のコのごはんが好みらしく、残りものを食べてたんだと思う・・・
処方食は、それだけでは食べてくれず、缶詰を混ぜてあげてるし、徹底するのって難しいよね。

サバオは断尾後、しっぽのことなんてなーんにも気にしてない感じで、カラーもつけずにいました。
傷口を舐めることもなく、大丈夫でしたよ〜
クロちゃんもしっぽのことは気にせず、楽しく過ごしてくれたらいいですね〜
Posted by ゆきりん at 2010年10月04日 21:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: 絵文字[必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/2388633
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック