2015年03月21日

添い寝の歴史

現在、夜寝るときはだいたい4〜5にゃんが一緒のベッドで寝てるー(長音記号1)

その昔、猫はさちだけのころ、さちはわたしの右側で腕枕で一晩中一緒に寝てた揺れるハート

さちが3歳になったとき、ペコが2にゃんめとしてうちのコに。

やがて、わたしの右側はペコの場所となり、寝場所を奪われたさちは、
わたしの左側に移動。
わたしの左側ってことは、わたしと夫の間ってことなので、夫の寝相が悪いのでさちはしぶしぶだったことだろう・・・(笑)

1年後、もみじとかえでがうちのコに。

すると、今度は、かえでがわたしの右側ポジションで寝るようになり、
ペコは追い出されて1階で寝るようになってしまった顔(泣)
もみじは、なぜかわたしのお股の間で寝るたらーっ(汗)(笑)

サバオが来て、くろすけがきて・・・
サバオはわたしの足元で寝たり、1階で寝たり。
くろすけは、わたしの右側の腰あたりで、わたしの右側添い寝を狙うことなく落ち着いた。

ということで、かれこれ9〜10年くらい、わたしと添い寝するのは、さちが左側でかえでが右側。

それがこの冬、添い寝ポジションの下克上あせあせ(飛び散る汗)

1503212.jpg
猫(怒)「ボクでーす猫(足)

添い寝してるかえでに布団の上からボスッと飛びかかり、場所を奪う顔(汗)

かえでもかつてはペコを追い出したのだから、仕方ないのかなぁ・・・と思ったけど、

1503211.jpg

ところが、この下っ端は、布団から出たり入ったりが激しくて、ぜんぜん温めてくれないし、それどころか入ってきたときには、
「冷たexclamation×2」って目が覚めるほどひんやりした身体で、かなり迷惑なやつパンチ
そんな冷たくなるまで、どこで遊んどるんぢゃいパンチ

しかも来る日と来ない日があって・・・ほんとメイワクたらーっ(汗)
場所が空いててもかえでは来なくなったバッド(下向き矢印)
きっと、いつ上から襲われるかわからないから、落ち着かないんだと思うもうやだ〜(悲しい顔)
かえでは、サバオと1階のこたつで寝てるらしい。

ということで、わたしの右側はスースー台風

もうわたしは両側に猫がいないと冬は寒くて寝れない身体なのにぃー
どうしてくれるんだヨ(¬_¬。)

わたしの腰あたりで寝てるくろすけが、もっと上に上がってきてくれないかなぁ・・・(願)

1503213.jpg

最近は、さちを抱き枕のようにして、抱えこんで寝てる毎日です揺れるハート

ニックネーム ゆきりん at 21:16| Comment(2) | TrackBack(0) | みんなの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あはは。両側に猫がいないと寝られないって?
確かに、猫がいると暖かいもんね〜。
でも、動きが取れなくて熟睡できないんじゃない?
添い寝してくれないと寂しいし、添い寝してくれると寝不足になる・・・
でも、一緒に寝ると幸せ〜わーい(嬉しい顔)
Posted by Poko at 2015年03月22日 21:54
猫がいないとスースーして、「あ、○○がいない・・・」って寝ながら思ってるんだよぉ。
きたら、「やっと来た」って安心して寝たり(笑)
動きが取れないほどギュウギュウでも、結構爆睡できるワザはもう習得済み顔(笑)(爆)
Posted by ゆきりん at 2015年03月26日 17:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: 絵文字[必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/3998641
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック