2008年09月13日

もみかえ記念日

昨日の9月12日は、もみじとかえでと出会った記念日でしたハートたち(複数ハート)

ま、だからと言って何もないんだけどね(笑)
ただ、『4年前に出会ったなぁ・・・顔(メロメロ)』としみじみ思うだけるんるん

「この味がいいね」と君が言ったから七月六日はサラダ記念日・・・って俵万智さんが書いてたっけ。
うちは、『もみじとかえでが落ちてたから、もみかえ記念日』、なんちゃって顔(イヒヒ)

0809131.jpg

(前にも書いたことあるけど)
4年前は、犬(笑)あいちゃんとお散歩に行って、公園に箱があるのを発見目
遠目に見ても、『あexclamation×2きっと猫が捨てられているっ』とわかって、走って行ったっけダッシュ(走り出すさま)

あのときはブログもしてなかったし、後先考えずに保護して、もし貰い手が見つからなかったら、どうなってたんだろ・・・たらーっ(汗)
ま、結果はめでたしめでたしだったけどねわーい(嬉しい顔)
(5にゃんのうち、3にゃんは知り合いのお宅3軒にそれぞれもらわれて行きました♪)


0809132.jpg

昔、ペコはよくかえでともみじの面倒を見てくれてたんだけどなぁ・・・
きっと、大きくなって、かえでともみじが生意気になったんだろな(−−;;


生まれつきの心臓の病気(拡大心筋症?拡張心筋症??)で、心臓の片側が大きく肥大してて、『成長につれて心臓の肥大がひどくなれば、長く生きられるかどうか・・・』と脅されたもみじも無事に4歳を迎えることができました。

0809133.jpg
猫(笑)『あたち最近暴れたりしないから、発作もないのよ』

2歳くらいまでは毎日発作があって、いつもハラハラしてたなぁ顔(泣)


0809134.jpg

先日は、かえでと遊ぶのにりんごハウスがジャマだったから、ちょいと足でコロンと転がしたら・・・

もみじがスタコラと逃げてったダッシュ(走り出すさま)

りんごハウスの中で寝てたらしいがく〜(落胆した顔)

慌てて、『もみじぃー!!ごめぇぇーんあせあせ(飛び散る汗)』と謝りに行ったけど、もみじは怒った顔してニャーァexclamation×2って鳴いてベッドの下にもぐり、なかなか許してくれなかった顔(え〜ん)

これから気をつけなくちゃ(足クセを顔(ペロッ)


かえでは・・・

0809135.jpg

もう4歳を過ぎたというのに、いまだに落ち着く気配はなく、毎日のように遊びをせがんできます。

何歳になれば落ち着くのか・・・??顔(汗)


0809136.jpg

こんなに立派にむちむちに成長してくれて、わたしはうれしいよ(¬_¬。) ジーーーッ



あのとき、あの公園にお散歩に行ってよかったハートたち(複数ハート)
こんなに素敵な出会いがあったんだもの顔(メロメロ)


捨てたヤツのことは許せないけどね顔(ぷんっ)

0809138.jpg


0809137.jpg


これからも姉妹仲良くね〜


らんきんぐ犬(足)

ポチしてね.jpg ぽちっとしてね.jpg









ニックネーム ゆきりん at 23:52| Comment(16) | TrackBack(0) | 出会い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月04日

2匹はうちのコに♪

5匹拾ったうち、めでたく3匹がもらわれていき幸せになりました。
残った2匹はうちで飼うことにしました。

momikae2.jpg

早速名前を付けました。
右の「鼻クロ美人ちゃん」は、”かえで”。
左の「ペコ似ちゃん」は、”もみじ”。

2匹はいつも一緒にいるので、名前を呼んでも2匹ともが反応するのでそれぞれの名前をちゃんと覚えてくれるか心配でしたが、しばらくするとちゃんと理解してくれました。猫ってかしこいよね〜
それにしてもかえでの顔はでかい・・・あせあせ(飛び散る汗)
ニックネーム ゆきりん at 13:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 出会い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月03日

ピン太

次に里親になって下さったのは50代の男の人で、半年前に飼っていた猫を病気で亡くし、もう猫を飼うのはやめようと思っていた、という人です。でも5匹の子猫を拾ったと言うと、「じゃあもう一回飼おうかな」と言ってくれました。
もう拾ってから3週間くらい経っていたのでかなり情がわいててどのコが貰われていくのかドキドキでした。
選ばれたのは、唯一のオスの「鼻ピンク」でした。この頃は呼び名が変わっててピン太と呼んでました。

お別れする時、ピン太はニャーニャー鳴きまくりで、残りの2匹もなんとなく悲しそうで、見ていてちょっぴり辛かったです。

ピン太が居なくなると、なんか家の中がガラ〜ンとした感じがしてあんなに小さくても存在感はすごいんだなぁと思いました。

pinta2.jpg

pinta.jpg

その後その人にピン太のことを聞くと、「あんなかしこい奴はおらん。トイレもすぐ覚えたし、爪とぎもここはアカンって言うたらもうせえへんし」とかなりの親ばかぶりでした猫(笑)
名前は「アレン」だそうです。50代の男の人がそんな外人みたいな名前をつけるなんて・・・とちょっとびっくりしたけど、アレンも幸せになってめでたし、めでたしるんるん
ニックネーム ゆきりん at 15:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 出会い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月31日

猫は愛嬌!

ららちゃんがもらわれて行ってその3日後、また飼って下さる方が見つかりました。近所に猫を7匹飼ってるご夫婦がいてそこのお宅に、「猫飼ってくれませんか?」と言ったところ、案の定「うちはもういっぱいいるからこれ以上は・・・」との返事。「そうですよねぇ・・・」と帰ろうとしたら「その猫どんなコ?」と聞かれたので、すかさず「いろいろです!見に来ませんか?」と答えました。


これ以上いらないと言ってたにもかかわらず、やっぱり子猫を見ると目が黒ハートになり、飼ってくれる気満々になったようです。猫好きに子猫を見せるのは半ば強引だったかな・・・
「1匹増えても変わらんよな」と自分たちに言い聞かせていました顔(笑)


で、どのコを選ぶのかと見ていたら、選んだのはなんと「ぶぅちゃん」でした。ぶぅちゃんは絶対残るコだと思っていたのでびっくりexclamation
理由を聞くと、「愛嬌あってかわいいから。」とのこと。ご主人の方がかなりぶぅちゃんが気にいったよう。7匹もいるとちょっと違った顔を望むのかしらん・・・ってのは失礼かな顔(ペロッ)ごめんねぶぅちゃん。

buu2.jpg

buu1.jpg

後日どんな名前になったのか聞いてみると「”ぶぅちゃん”に反応するからぶぅちゃんにした。名前はかわいいのにしようと思ったのに」と奥様に言われちゃいました。
ぶぅちゃん、ぶぅちゃんって呼びすぎちゃった。

ららちゃんが一番に選ばれたときに、「やっぱり猫も美人は得だにゃー」と思ったけど、猫は愛嬌でもOKなのね。

それからはそこのお宅の窓辺でひなたぼっこしてるぶぅちゃんに会えるのがとても楽しみになりました。
これまためでたしめでたし。

ニックネーム ゆきりん at 19:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 出会い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月30日

グレ子ぉぉぉーーー

知り合いに声をかけてやっと里親になって下さる方が見つかり、5匹の中から1匹を選びに来てくれることになりました。どのコがいなくなるのかドキドキでしたが、やっぱり顔もかわいくて毛の色もきれいなグレ子が選ばれました。猫も人間も美人は得だにゃ〜
グレ子は膝にのって寝たり甘え上手なので私のオススメでもありました。グレ子が幸せになってくれるのはとてもうれしいことだけど、やっぱり離れるときは、「グレ子ぉぉぉーーーもうやだ〜(悲しい顔)」と内心叫び寂しかった。一週間でも情がうつってしまってたよぉ・・・顔(泣)

その後グレ子は名前を「ららちゃん」とつけてもらってかなりかわいがられているようで本当に感謝です黒ハート

頂いた画像はこちら下
rara1.jpg

rara4.jpg
かなりおてんばさんのよう・・・たらーっ(汗)

ららちゃんが居なくなっても残りの子猫たちの様子にはなんの変化もなく天真爛漫に遊んでいましたとさ。めでたしめでたし。


ニックネーム ゆきりん at 19:37| Comment(2) | TrackBack(0) | 出会い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月29日

里親探し

誰かかわいがってくれる人を探そうと思って、知り合いという知り合いに声をかけ、メールを送ったりしました。でもたいていの返事は、「犬なら欲しいけど。」とか「猫はちょっと・・・」というものでした。猫好きって思ったより少ないのかにゃー猫(泣)猫のブログはいっぱいあって猫好き多そうなのににゃ〜

知り合いではなかなか見つかりそうもないので、里親募集のチラシを作って動物病院に貼ってもらうことにしました。1つは行きつけの病院で、もう1つは大きい病院に。
で、その大きい病院でちょっと注意するように言われたことがあって、それはとてもショックなことでした。
「○○さんという人には気をつけて。里親を名乗りでて、引き取りに来て、しばらくたつと虐待して拾った人の玄関先に返してくる人が○○と名乗っていた。」というものでした。
そのことを聞いてショックだったのはもちろんですが、里親を探すことに不安になりました。里親が見つかって渡しても、そのコが大事に飼ってもらえるかわからないということです。


1週間経っても里親は見つからず、さっちゃんもペコも子猫たちに慣れて仲良くなってきました。私たちもだんだん離れ難くなってきました。
このコたちがもし虐待されたら・・・たらーっ(汗)

やっぱり知り合いで飼ってくれる人を探そう・・・無理なら全部飼うしかない。
と心を決めました。

gohiki5.jpg
上子猫たちにペコが混じって親子みたい。

ニックネーム ゆきりん at 22:08| Comment(4) | TrackBack(0) | 出会い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月28日

5匹の子猫たち2

5匹の子猫たちを拾った翌朝、子猫たちの様子を見に行くと、寝床のダンボールには誰もいなくて、どこにも見当たらなかったあせあせ(飛び散る汗)
探して見ると、パソコンラックの隙間とかソファの下に隠れてて声をかけると「シャーexclamationシャーexclamation」と威嚇の声を出されてびっくりした。
昨日はそんなことなかったのに・・・一晩のうちに忘れられたのか、5匹の団結がすごくて他はみんな敵なのかも・・・たらーっ(汗)

でもしばらく経つと、こんな感じ下
gohiki4.jpg

で、また翌朝には「シャーexclamationシャーexclamation」・・・顔(え〜ん)
この威嚇は4〜5日続きました。
さっちゃんとペコは5匹の子猫たちが来て以来、リビングには来ないし、ペコは「ウ〜ウ〜」唸って怒るし、すべての猫たちに嫌われた気がしてちょっぴりさびしかったです猫(泣)
ニックネーム ゆきりん at 11:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 出会い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月26日

5匹の子猫たち

5匹の子猫を連れて帰ってよくよく見ると、これはほんとに兄弟なのか?と思った。
3匹はキジトラに白が混ざってる感じ。肉付きもよくたくましい。
2匹はキジトラ1匹とキジトラっぽいけどグレーのコ。体も小さくて華奢な感じ。
体重を測ってみたら、3匹チームは550〜600g、2匹チームは430gくらい。この時期の100gの差は大きいにゃー。
後で獣医さんに聞いたら、オス猫が2匹だろうとのこと。猫は一度の妊娠で複数のオスの仔を産むことができるらしい。すごい!!

里親を探すので名前は付けられないけど、呼び名が必要なので適当につけていました。

kae.jpgaren.jpg
鼻クロ美人            鼻ピンク

buu.jpg
      ぶぅちゃん。ちょっとぶさいくなので・・・あせあせ(飛び散る汗)


gure.jpgmomi.jpg
グレーなのでグレ子。      ペコに似てるので
                  ペコ似ちゃん。

我ながら安易な呼び名をつけたなぁ・・・と思いつつ、
ぶぅちゃんはちょっとひどいよねぇ・・・あせあせ(飛び散る汗)と反省した日でした。
ちなみに鼻ピンクだけがオスであとはぜんぶメスでした。

ニックネーム ゆきりん at 20:04| Comment(4) | TrackBack(0) | 出会い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月25日

見つけてしまった

2004年秋、あいちゃんのお散歩をしていたら、公園の端にキャットフードの入った器が・・・。
exclamation&question 昨日はなかったぞ」と思ってさらに木の陰を見たらそこにはダンボールに捨てられた子猫が2匹exclamation
どうしようか悩んでいたら公園で遊んでいた子供が来て、「5コおるで〜」。
「えっexclamation&question」 辺りを探すとさらに3匹発見。
ぜんぶで5匹の生後一ヶ月くらいの子猫を見つけてしまった。
5匹はとても飼えないな〜と思ったけれど、そのまま立ち去ることも出来ずに連れて帰ってしまったあせあせ(飛び散る汗)

gohiki1.jpg
上連れて帰ってきたとき。

gohiki2.jpg
上子猫用ミルクでカリカリをふやかしたごはんをあげたらみんなぐっすり眠い(睡眠)

”里親探ししなくちゃ・・・”
途方にくれながらもかわいい子猫がいっぱいでにんまりした私でした。
次回へつづく・・・



ニックネーム ゆきりん at 19:43| Comment(3) | TrackBack(0) | 出会い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月18日

ペコとの出会い

私はずっと犬と猫1匹ずつしか飼うつもりはありませんでした。その1匹ずつを溺愛するつもりでいたのです。でも、とある日近所の子供が子猫を拾ったので飼って欲しい、と来ました。あいちゃんが4歳、さっちゃんが3歳のときでした。
その子猫を見たとき何も考えずに「ありがとうexclamation」と受け取っていましたあせあせ(飛び散る汗)
子猫を見てどうしても欲しくなったのです。
それがペコです。
私の発作的衝動で飼うことになったペコですが、忘れていた子猫のかわいさを思い出し再び私の生活が楽しいものとなりましたるんるん

peko2.jpg

この時ペコの体重は300gくらいでした。

peko4.jpg

すくすくと大きくなるはずでしたが、この3週間後ペコは子猫にとっては命取りの下痢をすることになるのです・・・もうやだ〜(悲しい顔)


ニックネーム ゆきりん at 22:32| Comment(2) | TrackBack(0) | 出会い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月12日

子犬のころ

ai021.jpg

上 足が短すぎてちゃんと届いていないの顔(笑)

あいちゃんが家に来たのは、1999年5月23日、生後2ヶ月の頃です。市の主催の「里親募集会」で貰い受けました。私は雑種が好きなのですが、すでにその頃から雑種というのは手に入りにくく、その募集会でも抽選でした。
めでたくうちのコとなったあいちゃんはとても弱々しくて、連れて帰ったその日はごはんも食べず一晩中キャンキャンと鳴いて、初めて犬を飼う私は困り果てました。きっと母犬や兄弟と離れて不安だったのでしょう。2,3日もすればすっかり慣れて写真のようになりましたるんるん
ai011.jpg

ニックネーム ゆきりん at 18:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 出会い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月09日

運命の出会い

milk.jpg


昔中学、高校と6年間、猫を飼っていました。その猫が
猫伝染病にかかって亡くなり、それからの10年間
ずっと家に居ても楽しくない生活を過ごしていました。
いわゆるペットロス状態だったのかもしれません。
失ったときの辛さを考えるともう猫を飼うのは無理と
あきらめていました。

結婚して、主人の希望で犬のあいちゃんを飼い始めた
とき、今まで忘れかけていたぬくもりを思いだしました。
「また猫が飼いたい。でも・・・」
そんな気持ちの変化がありつつ、あいちゃんと過ごす
日は楽しく過ぎていきました。

それから一年後、主人があいちゃんの散歩に行った
ときに「ネコの声がして見に行ってみたら箱に子ネコが
捨てられてた。三毛猫っぽかった」と帰ってきたのです!
私はすぐさま「連れてきて!」と頼みました顔(メロメロ)

それがさちとの運命の出会いです。さちはまだ片目が
開いたばかりで、獣医さんによると生後一週間くらい
とのこと。体重はわずか160g。粉ミルクと哺乳瓶を
購入し、それから2〜3時間おきにミルクをあげる
毎日となりました。当時お花やさんで働いていた私は、
店長さんに猫をつれて出勤しミルクをあげさせて
もらえるよう頼みました。
ペットボトルに熱めのお湯を入れてタオルで巻いた
湯たんぽでの保温もかかせません。
さちは毎日すくすくと大きくなりました。

今ではほんとにあのときの出会いに感謝し、楽しい
毎日を送っています。
でも・・・
ニックネーム ゆきりん at 11:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 出会い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする